FC2ブログ

頭痛薬 飲み過ぎ 続く頭痛の対処 伊丹市45歳男性

頭痛,片頭痛,伊丹,神戸,尼崎,西宮



頭痛薬を多用


兵庫県伊丹市の45歳男性。1年前から頭痛が悪化しました。6年前から頭のつり感、引っ張り感が起きパキシル・セニラン・リボトリールなどを多用されて対処していました。

薬物乱用頭痛を避けるために1年前に減薬してから頭痛が悪化。毎日一日中の不快な痛みと不眠に困られて来訪されました。

4回の施術で、頭痛は50%に軽減しています。眠りは深くなったそうです。まだ頭痛は減ります。一緒に改善頑張りましょう。



頭痛は解消します


頭痛に鎮痛剤は必要ですが、多用を続けると薬が効かなくなったり、頭痛が強くなる傾向にあります。病院の検査で異常なければ、その頭痛は脳には原因がありませんので、薬対応では解消しない場合もあります。

当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。


頭痛,薬物,乱用,伊丹,神戸,西宮 


院長の一言


〈薬物乱用頭痛〉

頭痛が薬で治まるならば良しですが、薬を飲んでも再び頭痛が出てくる場合、そのまま薬を多用していると効かなくなったり、頭痛が増えてくる傾向にあります。それが薬物乱用頭痛です。

病院の検査で異常がなければ、その頭痛は脳には原因がありません。体のあちこちに出来た自律神経の緊張が神経を経由して脳に伝達されて起きている痛みです。

溜まった緊張を頭痛として体外に放出して体は楽になろうとしている現象ですので、緊張の放出を抑え続けると体内の自律神経の緊張は徐々に増加して行きます。

自律神経の緊張の増加が限界を超えると、薬の効きが悪くなったり、頭痛の強さが増してきます。このようにして薬物乱用頭痛が起きていると考えています。

この様な場合は、体のあちこちにできた自律神経の緊張を取り除くことで頭痛は沈静化して行きます。

薬は効果が無くなる半減期の時間があります。この方の飲まれていた薬は半減期が10時間以上あるものばかりですので、長時間抑える効果がありますが、同時に体内の緊張が長時間放出されないために、徐々に緊張の蓄積は増加して行きます。

頭痛にお薬は必要ですが、半減期の短い鎮痛剤が適切ではないかと考えています。長時間抑える半減期の長いお薬を、長期間使用するのはあまり好ましくないのではと思います。

薬名:半減期で検索するとおよその半減期時間が判明します。今飲まれているお薬の半減期を調べてみて、適切なお薬の使い方を自分で模索することも大切です。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)




頭痛、片頭痛は病院の薬では中々治りにくい症状です。頭痛、片頭痛が完治する治療法、治し方を探して、岡山、広島、福岡、名古屋からも来訪頂いております。

tag : 頭痛 片頭痛 兵庫 伊丹

ドライアイの原因は 大阪市41歳女性

眼精疲労,ドライアイ,大阪,京都,神戸,名古屋



日中はまぶたが開かない


大阪府大阪市の41歳女性。 1年前から眼精疲労が悪化しました。寝起きから目がヒリヒリ、日中はまぶたが開けずらい、体の緊張が取れないなどの症状です。 眼科ではドライアイの診断で目薬処方ですが効果は感じれません。マッサージ・ヘッドスパに行くとその時は楽になるが、翌朝には戻ります。

6回の施術で、眼精疲労は40%に軽減しています。仕事がだいぶ楽になったそうです。まだもう少し軽減するでしょう。一緒に改善頑張りましょう。


ドライアイは解消します


眼精疲労は目には原因のない症状です。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「眼精疲労専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。眼精疲労に特化した独自療法です。


眼精疲労,ドライアイ,豊中,高槻,枚方 


院長の一言


〈ドライアイの起きる原因〉

眼科の検査で緑内障、網膜剥離、加齢黄斑変性などの目の病気で無ければ、自律神経の緊張が原因で起きている眼精疲労です。ドライアイは目の涙の分泌が阻害されて起きる症状ですので、病気ではありません。

涙の分泌は、自律神経の交感神経が優位になると涙が出なくなり、副交感神経が働くと涙の分泌が活発になります。自律神経の緊張とは交感神経が優位になった状態ですので、ドライアイの原因は自律神経の緊張が大きく関与しています。

自律神経の緊張はストレス、体への刺激、内蔵疲労などが大きな要因です。この方の場合は、長年のマッサージ・指圧・ヘッドスパなどが体の刺激になって自律神経の緊張が徐々に高まり起きています。

筋肉への繰り返し行う刺激は、徐々に自律神経の緊張として蓄積して行きます。その蓄積が限界を超えると、常に交感神経優位の状態になります。

交感神経優位の状態は、常に戦闘モードになっている状態ですので、体の緊張が取れない、ぐっすり寝れない、寝起きから疲労感があるなどの症状が起きて来ます。

交感神経優位(自律神経の緊張)は目にも大きく影響します。ドライアイはその典型的な症状です。目が交感神経優位になって涙の分泌を阻害している状態です。

この様な場合は、体への刺激をやめて、体のあちこちに出来た自律神経の緊張を取り除いて、交感神経優位の状態を解除してあげる必要があります。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)




眼精疲労、目の痛み、眉間痛、眼瞼下垂、眼瞼痙攣、は病院の薬治療では中々治りにくい症状です。完治する治療法、治し方を探して名古屋、岐阜、静岡、三重からもお問い合わせ頂いております。

tag : 眼精疲労 ドライアイ 原因 治療 大阪

群発頭痛 痛みがアップした原因 京都35歳男性

群発頭痛,京都,福岡,熊本,広島



群発頭痛と筋トレ


京都市 の35歳男性。 25歳で群発頭痛が発症しました。周期は1〜2年、群発期は2ヶ月です。右目奥に週4回激痛が起きます。病院のMRI検査異常なし、処方薬マクサルトは効きません。

2011年5回の施術、1ヶ月で終息。
2012年5回の施術、1ヶ月で終息。
2014年・2016年痛みは、我慢出来る程度で施術受けられず。
2018年強く出て8回の施術、1ヶ月で終息。
6年ぶりの来訪です。前回、前々回は我慢できる程度だったのが、今季は痛みレベルが上昇しています。原因は 1年前からの過度の筋トレが大きく影響していました。筋トレを少し控える様にお話ししました。



群発頭痛は解消します


当整体院の施術を重ねると、群発頭痛は縮小していく症状です。ただ群発頭痛の方がしてはいけない事があります。その辺りを注意して頂くことも改善には大切です。

お悩みの方は「群発頭痛専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。群発頭痛に特化した独自療法です。



院長の一言


〈体に刺激を入れない〉

群発頭痛の方の場合は、痛みが出ていない期間に過度の筋トレ、ジョギング、ストレッチを行うと次回の群発期の痛みレベルが上昇する傾向にあります。

この方の場合も、11年、12年で合計10回施術、これで群発頭痛がだいぶと縮小しました。そのため、14年、16年の群発期は痛みレベルが下がって、我慢できる程度にレベルダウンしていました。

ところが1年前から筋トレを実施、ドローイン呼吸法を取り入れた腹筋など過度に筋肉に刺激を入れ続けました。筋肉への刺激も繰り返すと自律神経の緊張として蓄積されて、次回の群発頭痛がひどくなります。

群発頭痛の方は、目奥の激痛が出なくなるまでは、過度の筋トレ・ジョギング、ストレッチなどはやめておくのが一番です。もちろん、強いマッサージや指圧も厳禁です。筋肉に刺激を入れない事が大切です。

この方も、これで施術合計が20回近くに達していますので、次回の群発期は目奥の激痛がほぼ治まる回数に達しています。過度の筋トレを中止されれば次回は気にならない程度に痛みレベルが下がるでしょう。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)




群発頭痛は病院の薬治療では治らない症状です。群発頭痛の完治する治療法や治し方を探されて、福岡,広島,岡山,愛媛からも来訪頂いております。

tag : 群発頭痛 完治 病院 治療 京都

プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ 体の悩みへ