2016年元旦

神社2016






あけましておめでとうございます。

元旦は、氏神様に初参りに行きます。

昨年は雪で、恐る恐る車を走らせましたが、今年はとっても暖かな元旦です。






池1






自宅から徒歩で行ける近くの池の周りをウォーキング

奥に見えるのは京都国際会館と比叡山です。





池3





地道が続いていますので、足の運動には最適です。






池2




こんなハードコースもありますが、今回はパスです。

1時間歩きますと、足がだるい、普段ほとんど運動してませんので致し方なしです。






ふぐ1







夜は家族でフグちりと人肌燗でゆっくりと元旦を楽しみました。














ソフトドラッグ

s_book1.png







コンビニに行けばつい買ってしまう「ポテトチップス」


しかし、油・塩・調味料のトリオは強い依存性を起こすそうです。


「ポテチを異常に食べる人たち」幕内秀夫著


当院が懸念するのは、頻繁に食べますと内臓疲労が起きやすく


それが痛み・こりに大きく関与している場合があるからです。


ポテチ&チョコの「あまから」は特に内蔵に来ます。


お子さんの場合、頭痛などに顕著に出てきます。


たまに楽しむ程度にしておくのが良さそうです。












奇跡の脳

2012092609394623c.jpg





一冊の本

不眠が劇的に回復したKさんが「先生の施術と似通う点がありました」と

寄贈頂いた本「奇跡の脳」ジル・ボルト・テイラー著

一昨日NHKでジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」が放映されていました。

テイラーさんが、脳卒中で左脳が機能停止して右脳だけで思考した時の不可思議な

体験とやがて左脳が回復していく過程を克明に記載されています。


右脳と左脳

右脳左脳という分類にも、脳自体にも私自身はさして興味はありません。

理由は、脳は司令塔ではありますが心や記憶のある場所では

無いと考えているからです。しかしテイラーさんが体験した様に私たちの

体の中にはふたつの世界が広がってると思われます。


ふたつの世界

マイナスのエネルギーからなる世界とプラスのエネルギーを秘めた世界

-のエネルギーからなる世界が大きくなると心と体は疲弊していきます。

慢性的な痛みこりが出る様になり、内臓の疾患や精神的な不安定が生まれます。

+のエネルギーを秘めた世界は、私も含めて体験した事のない未知の世界です。

テイラーさんはその世界を垣間見たのではと想像しております。


扉を開いてみたい

当院の整体は-のエネルギーの世界の疲労緊張を取り除く施術と考えています。

-のエネルギーが減る事で、痛みこりが改善し精神的な安定が生まれます。

次に、+のエネルギーを秘めた世界の扉を少しでも開けれないかということです。

テイラーさんが垣間見た世界へ、自分も自分以外の人もいざなえないだろうか?

もしいざなう事ができれば人の痛み苦しみを根底から減らせる可能性があります。

それが今、理想としている整体です。

ただし、どうやってという手段は今は見当たりません。

でもやがて見つけられそうな気がします。

そしていつかその扉を開けられます様にと願っています。



ジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」の再放送は  9月30日深夜(10月1日)


不眠が劇的に回復したKさんの回復ブログ









プロフィール

院長 岡野

Author:院長 岡野
痛み・こり専門整体院
大人の頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目奥痛・肩首のこり・腰痛などを専門にしております。京都三条寺町の平安コンディショニングの院長。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングならblogram