全身の倦怠感

20130117094506867.jpg






お正月明けからしんどくなった


Sさん、お正月が終わり仕事が始まってから体が一気にしんどくなりました。


全身の倦怠感、右ひざがすごく痛み、左腕が強い筋肉痛になっています。


お正月は実家でゆっくり、年始も特に体にきつい事はしていないそうです。




改善開始


体の中をサーチしながら、だるさ・痛みの原因を探して行きます。


ひざや腕には反応がなく、内臓系に強い反応が感じられます。


無痛の手法」で内臓の緊張を取り除いて行きます。




確認



起き上がって頂いて腕とひざを確認して頂きます。


Sさん「あ!ひざ痛くない。あれ!腕も痛くない。体も軽い。」


という事で、お正月明けの不調はすっきり解消できました。




なぜお正月明け?


毎年お正月明けは、体が不調になるSさん。なぜでしょうか?


Sさんの場合は、内臓特に胃と大腸に強い緊張がありました。


お正月は実家に帰って、普段よりも大幅に過食してしまうそうです。


胃腸の疲労が緊張を呼び、うで・ひざの痛みに出ていました。




体は酵素で動いている



酵素は体内に3000種類ほどあって、体の中の様々な化学変化に不可欠です。


酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類があります。


消化酵素は、唾液・胃液などに含まれ食物の分解に使われます。


代謝酵素は、消化・吸収・消費・排泄を体の全ての部位で行っています。




消化酵素を使いすぎると!



人の体の1日に使われる酵素の全体量は決まっているそうです。


過食をして消化酵素を多く使用しますと、代謝酵素の使える量は減り


体各部の機能は、大幅にダウンして行きます。


過食が何日も続きますと、体全体の疲労度は増して行くと考えられます。




胃と腸はダブルパンチ



Sさんの胃と腸は過食によって、四六時中働くことになり


その上に、代謝酵素の減少で胃腸を機能させる酵素が減少して


胃腸は強い疲労が蓄積して行ったと考えられます。


胃腸の疲労の蓄積は、やがてコリのラインを生み出し


そのライン上に腕痛とひざ痛が起きたと推測できます。


過食は多くのケースで、体の痛み・コリに大きく関与しています。









倦怠感(平安コンディショニング)

20120729093849d6c.jpg




梅雨が死ぬほどツライ

大阪からお越しのTさん、5年ほど前から梅雨時期が死ぬほど辛い状態です。

今年は長年の仕事を辞められたのに、梅雨と共に強い倦怠感に見舞われています。

梅雨が明けて日差しが戻ると、辛さは消えていくそうです。


辛さはどこから

死ぬほどの倦怠感はどこからやって来るのでしょうか。

Tさんの体には、何本ものコリのラインが存在します。

コリのラインは、頭の先~足の先~指の先まで続いていますので

Tさんの体は全身強く凝っている状態です。

その為に自律神経が強く刺激されて、死ぬほどの倦怠感が生まれています。


改善開始

体幹深部のラインの緊張を取り除いていきます。

徐々に緊張は減り始め、やがて消えて行きました。

初回、大いに倦怠感が解消しました。

緊張は層を成して積もっていますので、まだ5回ほどは必要です。


その後

2回目・3回目と来られて、汗が出る様になり倦怠感も軽減

ここで、友人とダイビングの旅に行かれました。

心配しましたが、無事に過ごされたとお聞きしました。

梅雨も明けましたので、今年はここで終了でしょうか。

まだ負荷は残っていますので、続きは来年の梅雨時期になりそうです。








倦怠感は平安コンディショニング






五月病:自分で改善Ⅱ

senka.jpg




新社会人の五月病改善そのⅡ


新社会人の日々の緊張・疲労は体の筋肉に蓄積します。

そこで、改善法のⅡは「足湯」です。

アキレス腱・ふくらはぎの筋肉が緩みますと

肩・首が緩んで、同時に体全体が楽になります。



本当?


本当ですか?という方がおいででしょうが

当院では足首で肩や首のコリを取ります。

なぜか?体は頭~足先~手先まで繋がっているからです。

本当かなとお思いの方はこちらをクリック下さい。



秘訣は!


足湯の仕方ですが、気持ち良い温度でじっくりしましょう。

やさしい方法で、手間ひまを惜しまず行う

これが体の緊張を緩和させる秘訣です。



体のケアが一番


新社会人の4割が3年以内に離職している時代です。

自分の能力を如何なく発揮するためには

体に緊張や疲労を溜めないことが一番

その対策の二つ目が「足湯」です。

ぜひ、お試し下さい。





自分で改善Ⅱ:院長の足湯体験記















プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングならblogram