メニエール病 めまい 難聴 吐気がつらい 京都市42歳女性

めまい メニエール 解消 治療 治し方 京都市 



メニエール病と診断


京都府京都市の42歳女性。1年前からめまいが発症しました。

徐々に悪化してグルグルのめまい・難聴・吐気が同時に起きます。

病院ではメニエール病との診断で抗めまい薬処方ですが楽にはなりません。

外に出るのが怖くて外出できない状態です。

週1ペースで3回の施術でめまいが50%に軽減、難聴・吐気は治まりました。

めまいは平均5~6回で日常生活に支障がない程度に落ち着きます。

もう少しです一緒に頑張りましょう。

 

メニエール病の仕組み


メニエールは医学的には内リンパ水腫が原因と言われています。

内耳はリンパ液の流れによって傾きや音を感じます。

ところが内リンパ水腫ではリンパ液が正常に流れなくなりメニエール病の症状が現れます。



内リンパ水腫の原因


当整体院では内リンパ水腫は自律神経の緊張が原因で起きていると考えております。

この方の場合も内耳に影響している自律神経の緊張を取ると軽減感が出てきました。

自律神経の緊張を取ることがメニエールの改善に繋ると感じております。



メニエールの対処法


メニエールは内耳に影響している自律神経の緊張が原因です。

当整体院は自律神経の緊張を取る療法ですので、ダイレクトに改善感が出て来ます。

お悩みの方は「頭痛改善専科」から質問・予約下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸の治療ではありません。めまいに特化した独自療法です。

 


めまいの種類は、ふわふわとグルグルの回転性があります。原因はストレスと言われ、三半規管の異常で起きます。耳鼻科での耳石対処法や治療で治らない場合は当整体院が有効です。めまいの原因を調べて適切な対処を致します。ふらつき、吐気も一緒に改善します。めまい、メニエールで宇治市、城陽市、京田辺市からも来訪頂いております。

tag : 完治 治療 吐気 京都市

めまい ふわふわ揺れる52歳女性

めまい 回転 ふらつき 吐き気 対処法 神戸市 




めまいで常にゆれる


兵庫県神戸市の52歳女性。1年前からめまいが発症しました。

常にフワフワ揺れる状態で、吐気も起きます。

耳鼻科・病院の検査は異常なし、抗めまい薬があまり効きません。

週1で5回の施術を受けられ、めまいはほぼ無し、吐気は全くなしです。

日常生活に支障なしですので、一旦終了です。



めまいの原因


めまいはグルグル回る回転性めまいとフワフワ感のめまいがあります。

病院での検査で異常が無い場合は、自律神経の緊張が原因で起きています。

この方の場合は、内蔵系と肩甲骨・腰の自律神経の緊張が原因部位でした。

原因部位の自律神経の緊張を取り除く事で改善が進みました。



めまいの対処法


病院で異常が見つからない場合は、自律神経の緊張が原因しています。

ストレスによる自律神経の緊張は徐々に体のあちこちに蓄積して行きます。

自律神経の緊張の蓄積が限界を越えるとめまい症状に感じる方があります。

当整体院は自律神経の緊張を取る療法ですので、ダイレクトに改善感が出て来ます。

お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。

マッサージ・指圧・骨格矯正・鍼灸ではありません。めまいに特化した独自療法です。





tag : 吐気 ストレス 対処法 神戸市

【めまい改善ブログ】めましが怖くて外出出来ない

16-5-22c.jpg




めまいの発作


京都市の32歳主婦のMさん、3ヶ月前に突然めまいと頭痛の発作が起きました。

精密検査では異常なくメニエールという診断で精神安定剤を処方されています。

その後頭痛は治まったのですが、めまいが悪化して、毎日一日中フワフワした状態です。

1ヶ月前からは、外出が怖くなり買い物・子供の送り迎えが出来なくなっておられます。




体にアプローチ


めまいを起こしている「めまいのライン」を確認します。

ラインに触ると強い痛みがあり、Mさんも認識頂きました。

ラインの緊張をしっかり取り除いてから、確認です。

Mさん「フワフワしていた感じがすっきりしました!」

初回あっためまいが大いに改善しました。




その後の改善


1週間後の2回目

Mさん「めまいがちょっと良くなっています。」

2週間後の3回目

Mさん「ドキドキ感が減って、めまいも30%ぐらい、外出出来ています。」

「でも重心が定まらない感じで、傾いて歩いている感じです。」

ここで重心調整の施術を行いました。

Mさん「あれ!傾いていません。まっすぐ歩けます!」

3回めでめまいも治まると思われますので、まだ辛ければお越し下さいとしました。




めまいの原因


Mさんのめまいは、最初は体に溜まった疲労で一過性的に起きたと思われます。

当初は頭痛の方が強くあったのが、薬で治まってその後にめまいが強くなっています。

今まで体験したことの無いめまいへの不安心配という「症状のストレス」が大きく影響していました。

症状のストレスは、体の中にこわばりを作り出してめまいのラインを作り出していました。

ストレス系のこわばりを減らすと、めまいは改善して行った感じです。




受診の感想


3回目受診の際に、お聞きした感想を筆記しました。

16-5-22b.jpg









プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングならblogram