FC2ブログ

起立性調節障害

起立性




入学式から登校できない


この春から高校生のMさん、入学式直前から不調となり登校出来ていません。

頭全体が重痛く・吐き気・体の倦怠感・強い肩こり・めまいなどがあり

朝寝床から起き上がれない状態です。

病院でMRIなどの検査を受けますが異常は見つかりません。

診断は「起立性調節障害」とのことです。



体に強い緊張


Mさんの体には強い緊張が入っています。

体幹深層の緊張にアプローチして

頭痛を起こしているコリのラインの緊張を取り除いていきます。

初回頭痛は治まり、次の日に登校が出来たそうです。

しかし、数日すると朝が起きれず学校に行けなくなりました。




起立性調節障害はなぜ起きた



Mさん、小5の時にも起立性調節障害を起こしています。

高校という新たな環境への「不安」「心配」が体に強い緊張を引き起こした様です。

Mさんはそれが体の症状として強く出るタイプなのでしょう。



根気よく


その後は、毎回根気よく体の緊張を取り除き続けます。

学校に行けたり、行けなかったりを繰り返しながら

4月に計5回来られ、段々と調子は良くなってきました。



その後


半月ほど過ぎゴールデンウイーク開けにMさん6回目のご来院

GW明けですので再び悪化されたかと心配しましたが

5回目以降は、休まず学校に行けているとのこと

今回の症状は肩こりだけでしたので、すんなりと取れました。



大いに進んだ改善


体の緊張は依然と比較すれば7分の1位に減っています。

このまま軌道に乗れば、起立性調節障害は起きなくなるでしょう。

根気よく対応すると回復していくケースでした。






頭痛の平安 : 子供の頭痛専科 











自転車開始

自転車
     Click Please





寒い間は中断しておりました


自転車通勤ぼちぼち開始です。


長引いた冷たさも一段落して


鴨川沿いはとってもさわやか


筋肉痛にならないように


おだやかに走ります。















こんな頭痛もあります

頭痛





ひどい症状


講師をされているTさん、頭痛を中心に鼻の不調や首肩に強いこりがあります。

Tさんはここ2年間欠かさず毎週お越し頂いています。

頭痛も2年前はありましたが、それ以来起きていません。

普段の来院時も体の負荷は非常に少ない状態でした。




改善開始


なぜこんなにひどくなるのか、首を捻りながら施術開始

体の緊張は徐々に軽減、最後に頭痛が残っています。

頭痛の緊張に懸命にアプローチしていきますと

Tさん「頭痛の痛みがだんだん上がってきました」

「あ!今頭から飛び出して消えました」




頭痛はエネルギー


当院は頭痛はエネルギーと考えていますので

頭から瞬間に消えていくことはしばしば症例としてあります。

でもTさんの頭痛の原因はわからないまま、全ての症状は改善しました。




その後


1週間後にご来院、あれ以来症状は全く出ていないそうです。

Tさん「ひどい症状が出た時間帯にニューヨークの友人が癌で亡くなっていたんです」

Tさん先月仕事を休んでNYにお見舞いに行かれたばかりです。

Tさん「あの頭痛は、彼女の思いが届いた、今はそう思っています。」



悲しみが先にやってきた


友人を亡くした悲しみが一足先にやって来たのかもしれません。

事実、Tさん訃報の知らせを受けた時は、悲しみは湧かなかったそうです。

頭痛もエネルギーならば、思いもエネルギー

エネルギーは空間を超えてやってきますから

ありえる話だなあと思いました。





頭痛の平安: Newホームページご覧下さい。 












プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ 体の悩みへ