小学生の時から肩こり

肩こりW14-09-01






初回肩こりあり


Nさん、小学生の時からきつい肩こりになりそれ以来ずっと辛さを抱えておられます。

初回右肩に引っ張られるようなこりがあります。

首に軽く触れながら、肩こりを起こしている痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Nさんに確認です「肩こりないです、すっきりしました。」  初回はこの段階で終了です。




油疲労


Nさんの右の肩こりのライン上に肝臓があり強い疲労が溜まっています。

お聞きすると小さい時からお菓子が大好きです。

お菓子には、植物油・マーガリン・ショートニングなど質の良くない油が使われています。

これらの劣化した植物油が肝臓~胆のうという油を分解する消化器官に疲労を生み出します。

Nさんの肩こりには消化器官の疲労が大いに関与していました。



右肩こりライン


腹部の緊張


Nさん腹部にストレス系の緊張が入っていました。

この腹部の緊張も、痛みのラインの緊張を強くしていました。

10代にあったストレスが原因でした。

その影響で、小学生の時から肩こりがあったと思われます。




その後の改善


毎回、内蔵に蓄積した油の疲労を地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時に腹部に入っている緊張を整体の療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降は、肩こりが軽くなったそうですがコリ感に波があるそうです。

2回目以降は、肩こりが50%に軽減。

3回目、肩こりのラインがほぼ緩んだので、この段階で一旦終了です。

肩こりがきつく感じられるようになれば再度ご来院頂く事にしました。

これでしびれる様な・引っ張られる様なきつい肩こりは出なくなるでしょう。











生理頭痛の改善

頭痛W14-08-24b2





初回頭痛あり


主婦のAさん、生理の前後に左後頭部~耳の上辺りに吐き気を伴う片頭痛で寝込みます。

初回左に頭痛がありますので、頭痛のラインを確認してラインの緊張を取り除いて行きます。

軽く首に触れながら、頭痛を起こしている痛みのラインの緊張を取り除いて行きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Aさんに確認です「頭痛無いです、頭がすっきりしました。」 この段階で初回終了です。




白米疲労


Aさん、胃と肝臓に消化器官の疲労が地層のように溜まっています。

お聞きすると、白ご飯が大好き、その上に揚げ物などの油物も多めに摂られています。

お茶碗1杯の白米で角砂糖11個分の糖質がありますので過食すると胃は疲労します。

揚げ物の過食で肝臓が疲労を溜めます。

胃と肝臓の疲労が、Aさんの頭痛に大きく関与していました。


生理頭痛ライン



10代の緊張


Aさん、下腹部にストレス系の緊張が強く入っています。

幼少期~10代にかけての家族とのストレスで腹部に緊張が入った様です。

下腹部の子宮卵巣に緊張があるので、生理頭痛が起きている様です。

10代の緊張がAさんの生理頭痛に関与していました。




その後の改善


毎回、消化器官の疲労を地層を剥がすように取り除いて行きます。

同時に腹部に入っているストレス系の緊張を整体の療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回以降は、施術直後に2日間頭痛が出た。

2回目以降は、1ヶ月間空いて生理を迎えたが頭痛は出なかった。

3回目、頭痛のラインが緩みきったので次回の生理を待って頂くことにしました。

これ以降の生理で頭痛が出たならばお越しくださいとしました。

たぶんこれで生理の時の寝こむような頭痛は出なくなるでしょう。











30代からの腰痛が辛い

腰痛M14-07-07






初回腰が重だるい


Sさん、30代の半ば辺りから腰痛がひどくなり、腰全体が痛みます。

初回、腰に重だるさがあります。

軽く首に触れながら、腰痛を起こしている痛みのラインの緊張を取り除きます。

繰り返し緊張を取り続けますと、やがてラインは緩み切りました。

Sさんに確認です「腰すっきりしています。首触っているだけで腰改善するんですね?」

初回はここで終了です。




腰痛の原因は?


Sさん、消化器官には現状あまり負荷をかけておられません。

胃・肝臓に過去の若かった頃のやや過食疲労が残っている程度でした。

しかし、腹部に過去ののストレス系の緊張があります。

Sさん、10代親子関係と20代の仕事でストレスが掛かった時期があったそうです。

この時のストレス系の緊張が腹部に入って、そのまま残っている感じです。

その緊張が痛みのラインを作りだして慢性的な腰痛を起こしていました。


Sさん腰痛


その後の改善


毎回、過去のストレスが起こした腹部の緊張を整体の療法で丁寧に取り除いて行きます。

初回はすっきりでしたが、2週間で元の痛みに戻ったそうです。

2回目以降は、腰痛が60%に軽減しました。

3回目以降は、20%になり少し重い程度です。

4回目は、腰痛ラインが緩み切りましたのでここで終了と致しました。

その後、数ヶ月してお話する機会がありましたが、腰痛は出ていないそうです。





元に戻らない


過去形の疲労や緊張を取り除きますと、根本的に痛みこりは改善します。

過去形は取りきれば終わりですので、再び疲労が溜まる事がなくなるからです。

消化器官に入った疲労も、今までの蓄積ですので過去形です。

腹部に入っているストレス系の緊張も過去形ならば取り除けます。

当院はこの2つの過去形の疲労を取り除く事で痛みコリを改善する療法です。

ですので回を重ねると改善が進み元のような痛みこりに戻らないのです。









プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングならblogram