老化を促進させる物質AGE

AGE.jpg
       Click Please




老化を食い止めるには?



全身のさまざまな老化に、ある共通の物質が関わっているそうです。

その名も「AGE」、日本語に訳すと「終末糖化産物」。

血糖値が高い状態が続くと、血管から糖がしみ出し

体内のたんぱく質と結びつきAGEを発生させるそうです。

AGEがたまると、骨や血管がもろくなったり、皮膚の弾力性が低下したり

さらに視力の低下にもつながると考えられています。

AGEを発生させる原因となるのが、血糖値が高い状態。

「朝食を抜いてしまう」「早食いをしてしまう」

「炭水化物ばかりを食べてしまう」「甘い物は別腹と、食べ過ぎてしまう」

こんな人がAGEを発生しやすいそうです。

でもこんな人無数にいますよ。

予防方法は、血糖値を上げにくい食事の仕方

食事は野菜から食べてそれから炭水化物を食べること。

こんな食べ方している人はほとんどいませんよね。

それに老化速度は人によりまちまち

AGEが老化を促進させる理由は科学が証明していますが

AGEが生成されるにはもうひとつ何か要因があるのかも

当院の独自の見解ではありますが

AGEの生成には体の強い緊張が関与しているのでは

体の強い緊張は、体のあちこちに痛みを出します。

腰痛・ひざ痛・肩こり・頭痛・胃腸の不調・倦怠感・・・

この様なコリ・痛みが長年継続してある場合

AGEが多く生成されて老化が促進すると思われます。

コリ・痛みのない体作りが一番の老化防止ではと考えています。





あさイチ:“老けたくない”スペシャル






関連記事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ ブログランキングならblogram