FC2ブログ

左半身のコリ痛み

(左半身痛)
                   CLICKで拡大




皮膚に水が流れる不快感



大阪からお越しの41歳主婦のMさん

5年前に左首に強いコリが出るように

やがて3年前からは左側の肩~背中~腰~太もも裏~すねまで

強くコリだし常に皮膚に水が流れている不快感があり

左腕のひじ痛・左側に頭痛も出ています。




コリの改善スタート 


Mさん左側の深層筋に強い緊張が感じられます。

強く緊張した深層筋にアプローチ、手法をかけて行きます。

最初にひじ痛・頭痛が消えました。やがて左半身のコリも徐々に軽減

やがて初回あったコリ・痛みはすっきり取り切れました。


2回目 1週間たつと80%まで戻る。再びコリ・痛みを取り切る。

3回目 2週間たつと50%まで戻る。再びコリ・痛みを取り切る。

4回目 2週間に1度だけ辛い日があっただけ。再度調整する。

ここまで来れば、左側のコリはほぼ出なくなるでしょう。




湧きあがる肩こり 


Mさんの施術で一番時間をかけてのは肩首のコリでした。

数年間、肩首に強いマッサージを受け続けていました。

家でもすりこぎ棒でグリグリ揉んでいたそうです。


肩首に押し込められたコリが幾重にも重なって存在していました。

1ヶ所のコリを解消すると次の場所にコリが出てくる状態

コリが下から下から次々と湧きあがって来る感じです。

この場合はひたすら根気よくコリを解除して行くしかありません。




強い刺激に要注意 


肩首への強い刺激はコリを重症化させ、より強い刺激を求めるようになります。

感じ方も鈍くなり、コリが取れたのか取れていないのかも判断ができなくなります。

さらにひどくなると、改善感も感じれなくなり回復が難航します。

肩こりの方は、強い刺激にくれぐれもご注意ください。




体のコリ・痛み解消!:平安コンディショニング










関連記事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ