FC2ブログ

中学生の野球肩

2013120412123140c.jpg




1ヶ月前から野球肩に


中学3年生のK君、1ヶ月前から左肩の奥が痛む様になる。


練習後は、腰痛も出ておりこれは小5からあるとのこと。


野球での高校進学も決まったので、肩・腰を根本的に治したいと来院頂きました。




改善開始


初回まずは、左肩と腰痛を起こしている「痛みのライン」を確認します。


「消化器官の疲労」と「冷えの疲労」を取り除いて痛みが40%に軽減。


続いて「心の疲労」全般にアプローチして痛みは20%に軽減。


初回は深追いせずこの段階で終了です。




その後


初回以降、肩痛は50%に腰痛は3日ほどで元の痛みに戻ったそうです。


2回目は心の疲労に積極的にアプローチして行きます。


といってもカウンセリングではありませんので、内容を詳細に聞く事はありません。


心の疲労をじっくり取り除き、内臓疲労・冷え疲労も繰り返し取ります。


その後、計3回で左肩痛と腰痛は大いに改善して終了となりました。




K君の痛みの原因(その1)


K君の痛みの原因の一つ目は「消化器官の疲労」でした。


野球の身体造りの為にと、人一倍ガッツリ食べています。


しかし過食を続けると、消化器官に疲労が溜まり続けます。


疲労が溜まると内臓は強い緊張状態になり、痛みのラインを形成します。


K君の肩痛・腰痛には内臓疲労が大きく関与していました。




K君の痛みの原因(その2)


小学5年生から腰痛が続いているとの事ですので


その辺りに原因を探しますと、小学3.4年の担任への負の感情がありました。


いやだ・嫌いだ・腹が立つという感情を2年間繰り返し思った為に


「心の疲労」は溜まり続けて、その環境から抜け出した後に噴出したと考えられます。


心の疲労が起こした痛み、それが5年生になって出てきた腰痛です。



痛みは疲労の蓄積


K君過食による「消化器官の疲労」と冷飲料・冷房による「冷えの疲労」


担任との「心の疲労」、この3つを取り除きますと全ての痛みが治まりました。


人はだれでも生きている限りこの3つの疲労を徐々に蓄積しながら生きています。


その蓄積が、痛みこりに出る場合、イライラなどの感情に出る場合


内臓疾患に出る場合、血圧や肥満に出る場合などさまざまです。


体は溜まった疲労を、痛みやこり・感情・疾患などに放出する事で


体のバランスを保っているのです。痛み・こりは決して悪ではないのです。











関連記事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ