FC2ブログ

【慢性頭痛】こめかみ片頭痛が15年前から

頭痛W14-07-26





初回頭痛なし


主婦のMさん、29歳から頭痛が起きてそれ以来15年間変わらず頭痛が出ています。

初回は頭痛がありませんので、こめかみ頭痛のラインを確認します。

頭痛のラインを触ると、左右ともに激痛ですので、ラインが緩むかを診ていきます。

繰り返しラインの緊張を取り除きますと、やがて緩み切りました。

Mさんに確認です「ライン触っても痛みないです。」 

Mさんの場合は、改善に5回必要とお伝えして終了です。





お菓子の疲労


Mさん、毎日お菓子・スイーツが食べたくなります。

毎日欠かさず甘い物を食べる日々が長年続いています。

お菓子に含まれる糖質は、胃とすい臓に疲労をもたらします。

同時にお菓子に含まれるマーガリン・ショートニング系の油が肝臓に疲労をもたらします。

胃と肝臓に疲労が溜まると、頭痛・肩こり・眼精疲労・首痛などが起きてきます。


komekami2.jpg


腹部の緊張


Mさんの10代と20代にストレスを抱える次期がありました。

この時の緊張が腹部に強く残っていました。

腹部の緊張も、頭痛を強くする原因の一つでした。




その後の改善


初回以降は、頭痛が70%に軽減しました。

2回目以降は、あまり軽減感なしです。

3回目以降は、頭痛が40%に軽減しました。

4回目以降は、頭痛がまったく出なくなりました。

5回目は、最後の疲労緊張を取り除いて終了。

規定回数5回をきちんとクリアして頂きましたので、今後も頭痛はほぼ出ないでしょう。




無性がなくなった!


最後にMさん、「お菓子が最近あまりほしくなくなりました。」とおっしゃっていました。

体の中の疲労や緊張が減ると、「無性に食べたい飲みたい」が大いに減ります。

過食過飲が減りますので、消化器官の疲労も溜まらなくなります。

このW効果で、今後も快適状態が続くと予想できます。











関連記事
プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ