FC2ブログ

中学2年:起立性調節障害と片頭痛が改善

起立性調節障害と片頭痛







毎日の片頭痛


大阪からお越しのS君、中学1年の2学期から側頭部に片頭痛が出るようになったそうです。

腹痛・倦怠感・めまい・低血圧などがあり起立性調節障害との診断を受けています。

中2からは毎日の頭痛で、学校には週の半分くらいを休んでいるそうです。

小学校から腹痛があり、下痢と便秘を繰り返すお腹の不調があります。




体にアプローチ


側頭部頭痛を起こしている「痛みのライン」の緊張を取り除いて行きます。

次に、消化器官の疲労を軽減して、腹部の緊張を取り除きます。

続いて鎖骨・頚椎のズレを微調整、肩首の筋肉のこわばりを解除します。





改善状況


初回以降は、下半身が楽になったそうですが頭痛は変化なしです。

2回目以降は、体の倦怠感が楽になったそうですが、頭痛は出ています。

3回目以降は、頭痛が60%に軽減、登校日が1日増えたそうです。

4回目以降は、頭痛が50%に軽減。

5回目以降は、頭痛が30%に軽減して日常が楽になり、学校にも毎日行けているそうです。

この段階で、頭痛の頻度が増してきたらお越しくださいとしました。





今後は



S君の頭痛は、典型的な「反抗期の頭痛」です。

反抗期は通常は感情に出ますが、感情に出ない子供は体に痛みこりとして出る場合があります。

我慢タイプのお子さんに多いと感じています。

今回S君の溜めた疲労(我慢)を減らしましたので当分は大丈夫と思います。

しかし反抗期の中学の間は、再び頭痛が増してくる可能性はあります。

頭痛の頻度が増えたり、学校を休みがちになればメンテナンス受診が必要です。

再度溜まってきた疲労を減らすと、良い状態に戻れます。










関連記事
プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ