FC2ブログ

頭痛を治す治療法を探されて来訪 名古屋64歳女性

頭痛,名古屋,岐阜,静岡



MRI検査異常なし


愛知県名古屋市の64歳女性。6ヶ月前から頭痛が発症しました。頭全体が突っ張る、動作で頭がつる、眼精疲労で読書無理、不眠などの症状です。頭痛外来のMRI検査は異常無しです。

5回の施術で頭痛は50%に軽減、眼精疲労は60%に軽減しています。不眠は解消しました。 まだもう少しかかりそうです。一緒に改善頑張りましょう。

 

頭痛は解消します


MRI検査で異常なければ、その頭痛は脳には原因がありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。


頭痛,治す,吐気,ストレス,名古屋 


院長の一言


〈老化と痛み〉

私も今年65歳になりますので、老いを日々感じながら過ごしています。人はなぜ老化するのか?老化と痛み関係は?についてブログしてみたいと思います。

老化は体に自律神経の緊張が蓄積することで起きると考えています。人は年齢と共に自律神経の緊張が蓄積していく生き物です。

自律神経は交感神経と副交感神経から出来ており、交感神経は体に緊張を与えて戦闘モードにします。副交感神経は体をリラックスさせて休息モードにします。この交感神経が優位になった状態が自律神経の緊張です。

自律神経の緊張が蓄積して増えて来ると、体は常に戦闘モード状態になり、緩やかな炎症が続く様になります。この緩やかな炎症が続くことで体は老化していくと考えています。

頭痛,名古屋 

ただ自律神経の緊張の蓄積が限界を越えると、炎症が強くなり3割ぐらいの人が痛み、不快症状として感じる様になります。残りの7割の方は特に感じない方です。

この方の場合も、自律神経の緊張の蓄積が限界を越えて、その緊張を頭痛と眼精疲労として感じている状況です。同時に常に戦闘モードですので、副交感神経が働かず夜が眠れない不眠が起きています。

この様な場合は、体に蓄積した自律神経の緊張を減らすことで交感神経と副交感神経のバランスが徐々に整い、痛み辛さが軽減して行きます。頭痛・眼精疲労・不眠は別物ではなく、同じ原因で起きている症状なのです。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)





頭痛、片頭痛は病院の薬では中々治りにくい症状です。頭痛、片頭痛が完治する治療法、治し方、整体を探して、静岡、岐阜、三重、長野からも来訪頂いております。

tag : 治す 外来 治療 続く 名古屋

頭痛とストレスの関係 大阪堺市の32歳男性

頭痛,片頭痛,大阪,堺,東大阪,八尾



半年前から頭痛が発症


大阪府堺市の32歳男性。半年前から頭痛が発症しました。毎日夕方になると、こめかみに片頭痛が起きます。吐き気も伴い、電車に乗るとめまいも発生します。病院のMRI検査は異常無しです。

5回の施術で頭痛・吐き気・めまいが治まりました。これで元の様な頭痛には戻らないでしょう。



頭痛は解消します


病院の検査で異常なければ、その頭痛は脳には原因がありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。


頭痛,片頭痛,大阪,枚方,豊中 


院長の一言


〈過去のストレス〉

頭痛は病院の検査で異常がなければ、脳には原因がありません。体のあちこちに出来た自律神経の緊張が原因で起きている症状です。仕事などでストレスがかかると、自律神経を通して体のあちこちに緊張が出来てきます。

ストレスが続くと、やがて徐々に自律神経の緊張は蓄積をして行きます。その蓄積が限界を越えると頭痛などの痛みが発生することがあります。

この方の場合は、1年前に転職されました。以前の仕事はハードで長時間のためストレスが多く体のことを考えての転職です。この様な場合は、以前の仕事のストレスによる自律神経の緊張が蓄積していると考えられます。

ストレス(自律神経の緊張)は、ストレス環境から抜け出た時に溜まった緊張が吹き出てくることがよくあります。転職して半年経過した辺りから、吹き出てきた自律神経の緊張を頭痛として感じ始めたという説明になります。

頭痛 

自律神経の緊張は原発の核燃料棒の様な物です。常にエネルギーを出しますので、それを頭痛・吐気・めまいとしてこの方は感じておられる状態です。

この様な場合は、体のあちこちに出来た自律神経の緊張を取り除くことで、湧き出てくるエネルギーが縮小して頭痛・吐気・めまいは治まって行きます。

頭痛は今のストレスも影響していますが、やはり過去に溜まった自律神経の緊張が大きな要因となっているケースが多いと感じています。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 



頭痛、片頭痛は病院の治療薬、予防薬、漢方薬の対処では中々治りにくい症状です。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。片頭痛、頭痛で大阪、神戸、京都、奈良からも来訪頂いております。

tag : 病院 治療 大阪

片頭痛 母も一緒で改善 大阪26歳女性

頭痛,片頭痛,大阪,枚方,豊中,吹田



マクサルト効かず


大阪府枚方市の26歳女性。高校から頭痛が発症しました。最近悪化しています。毎日夕方からおでこ、こめかみに片頭痛が起き、寝るまで痛みます。病院でのMRIは異常無し、専用薬マクサルト効かず。

  • 初回有った頭痛 が施術でスッキリ取れず6割残る。この段階で母親との共有頭痛と判断。母子一緒に施術されることをお勧すめしました。
  • 2回目母子で来訪。母親を先に施術すると、来訪時あった娘さんの頭痛が施術もしないのに治まり、母子連動頭痛であることを実感して頂けました。
  • 娘さんは7回の施術で頭痛は気にならない程度に治まりました。お母さんも6回の施術で頭痛、肩こりが全く出なくなりました。

この様に母子での施術が必要なケースがたまにあります。これで母子共に元の様な頭痛に戻る事は無いでしょう。



頭痛は解消します


母子共有の頭痛とは、母親の体の辛さを子供が吸収して起きている頭痛です。10代が一番多いのですが、まれに20代でもあります。この様なケースは、母親も一緒に施術して行かないと子供の頭痛がすっきり改善しないケースです。

当整体院は頭痛がなぜ起きているかを適確に判断して対処する療法です。お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。


 院長の一言


〈母子連動頭痛とは〉

母子はだれでもつながっていると考えております。母親の良いエネルギーも母親の抱える体の辛さも共に子供に流れ込んでいます。特に一緒に生活している場合は、母親の影響力は大きいと感じています。

ただ、母子のつながりが10%~30%位ならばさほど影響はありません。しかし100%近くつながっておられる母子がたまにあります。この様な場合は、母親の影響が大きく、体の辛さも大きく子供に影響します。

母親の抱える体の辛さとは、母親の体内の自律神経の緊張のことです。自律神経の緊張は人間である限りだれもが抱えています。しかし自律神経の緊張があってもそれを痛みこりなどの体の辛さに感じる方は3割ぐらいで、7割は特に感じません。

頭痛

この母親の場合は、頭痛、肩こりがありましたので、わりとすんなりとご理解頂けました。母親が子供にどのくらい影響しているかは、独自の検査法で母子ともに調べますと判明します。

この娘さんの場合は、初回あった頭痛が60%残りました。この60%がお母さんから常に流れ込んでいる事で起きています。ですので施術を重ねても限界があり、すっきりとは改善しないと予測して母子施術をお薦めしました。

今回は母子連動頭痛と判断して、母子共に良くなって頂いた症例です。20代での母子連動頭痛はまれですのでブログしてみました。10代の子供頭痛の場合は母子連動が多い傾向にあります。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)




頭痛、片頭痛は病院の薬では中々治りにくい症状です。頭痛、片頭痛が完治する治療法、治し方を探して、豊中、高槻、茨木、吹田からも来訪頂いております。

tag : 頭痛 片頭痛 治す 治療 枚方

プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ 体の悩みへ