FC2ブログ

群発頭痛

20130127190127b9c.jpg







目をえぐられる痛み


会社員のAさん、28歳頃から群発頭痛が起きる様になりました。


周期は最初は2年ごとでしたが、最近は1年周期になっています。


起きると2カ月間、目の奥をえぐられる痛みが頻発します。


専用薬もまったく効きません、ひたすら耐えるしかありません。


右歯~右こめかみ~右眼の順で痛みはやってきます。




改善開始


初回は、右に軽い痛み程度でしたので「無痛の手法」で全身の緊張を取り除きますと


痛みはスーと消えてくれました。2回目、痛みがいつもやって来る午後2時にご来院


今にも出そうという感じです。右側を集中的にゆるめて行きますと痛みが消えました。


3日目・4回目と頭痛の痛みが回を重ねるたびに軽減して行きました。


この段階で、海外出張に出られました。たぶんこれでひどい痛みは出ないでしょう。



同じライン上の痛み


同時に出ていた、歯痛・こめかみ頭痛も大きく軽減しました。


歯痛・こめかみ頭痛は別物ではありません。


目の奥を強く刺激する「頭痛のライン」(コリのライン)上に


連なって一緒に出ていた痛みなのです。




群発頭痛は溜めこみ頭痛


頭痛は基本的に体の中に疲労が蓄積して、限界を越えると出て来る痛みです。


通常の人は、疲労が溜まるたびに出るのですが、群発頭痛の方は溜めこんで


一気に特定期間にひたする吹き出る頭痛なのです。




群発頭痛対策


群発頭痛の方は、頭痛が出る1ヶ月前から5~6回施術を受けられると


蓄積した疲労が減るために、頭痛の出方が大きく軽減し頭痛薬も効くようになります。


でも群発頭痛の方は、頭痛期間が過ぎるとケロッと元気になるので


すっかり忘れてしまい、再び頭痛期間に突入してします場合が多いようです。













関連記事

コメントの投稿

Secre

twitterの…

545J0y37
みんなのエッチなつぶやきを
覗き見!
http://r3E98KOB.twittor.co/r3E98KOB/
プロフィール

平安コンディショニング院長

Author:平安コンディショニング院長
痛みこり専門整体院
片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・子供の頭痛・眼精疲労・円錐角膜痛・目の痛み・肩首のこりを専門にしております。京都市の三条寺町にある平安コンディショニング。

当整体院「総合サイト」のご案内
ネットで予約する
ネットで質問する
カテゴリー
月間アーカイブ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログへ